新着情報

宿泊を受付けます(空室状況)

現在の空室状況をお知らせいたします。(7月1日現在)(毎日状況が変わります)

 

7月28日まで 2~4室空き (6畳間、8畳間)

7月29日~8月お盆まで 6室空き (8畳間,6畳間)

お盆以降年内 満室です。

 

営業目的もありますが、能登の復興の為に長期利用いただきたいと思っております。

2週間以上先からの短期利用は空室がありましてもお断りさせていただく事もあります。

目先の短期利用は空いている場合どうぞご利用ください。

 

基本 能登の復興業者の利用を優先 させていただく考えでおります。

あと、今後は素泊り(食事なし)のみでの営業とさせていただきます。

そしてお風呂が1つ壊れており、基本的に 男性客のみ とさせていただきます。

 

今までご愛顧頂いたお客様からの電話問合せもありますが、

何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

 

 

10月のSSTRのご利用もお受けできません。

ネット予約の再開予定は未定です。

 

能登が復興するまで5年かかると思っています。

 

頑張ろう能登! 石川!

 

5月末まで貸切りとなりました

被災直後から宿泊を受け入れてきましたが、

2月1日~5月末まで 仮設住宅建設関連業者にて貸切りとなりました。

空きが出ましたらご案内致します。

 

志賀町の宿泊施設については

志賀町役場 商工観光課 0767-32-9341

志賀町観光協会 https://shika-guide.jp/

令和6年 能登半島地震 1月12日(金)15:00現在 宿泊可能施設

にお問い合わせください。

 

ちなみに 和風ペンションふるさとは 1月29日に通水し、

トイレ、お風呂、洗濯など問題が無くなりました。

 

能登を応援してください!

宿泊を受入れています

令和6年能登半島地震の被災宿です。

随時更新予定ですが以下の状態で良ければご利用ください。

 

現在まで既に延べ数百人お泊りいただいております。

————————————————————————————–

1/27 PM5:00 現在、軽く水が出始めました。館内の漏水も無さそうです。

便器のタンクに水を溜めるのに2分かかります。

お風呂も洗濯機も水圧が必要なようで、現在は使用できませんが、

近々水問題は解消しそうです!(予想)

————————————————————————————–

・ 水道断水中(トイレは各自汲み置きの水で流してもらう)

・ 電子レンジ使用可

・ 10~20Lの蛇口付き給水タンクを洗面所に置いてあります。

・ 電気ポットにてお湯があります

・ 電気:OK(エアコン暖房可能 TV普通に観れます)

・ Wi⁻Fi:OK

・ 入浴:不可(キャンプで使う簡易温水シャワー×2設置しました。2人/1時間 利用可能)

・ 食事の提供:不能

 

安全に暖かく寝ることはできます

 

これで良ければご利用ください。(既にご利用いただいております)

電話 0767-32-4080 まで (メールの返信は通常より遅くなると思います)

料金は ¥5,500 /人泊(税込)

 

当宿ふるさとまでは金沢から通常通り車でお越し頂けます。

問題はうちより奥です。

珠洲市、輪島市へも車の通行は可能となりました。

が、脇道へ入られる方はオフロード車かパンク修理の用品持参が良いと思います。

お客様情報(1/26)で珠洲まで乾燥路面で所要3時間。積雪路面で所要時間不明との事です。

 

———-     R6.1.26  AM10:00 情報     ———-

全18室中17部屋 1月29日より空室になります。

シングル×2室(1人利用)

ツイン×1室(2人利用)

和室(6畳~13畳間)×14室(2~3人利用)

こんな時期ですから相部屋でお願いしたいと思っております

 

ガソリンスタンド

‥ 制限なく全店給油可能

食品スーパー、ホームセンター、コンビニ

‥ 水、ジュース、おにぎり、サンドウィッチ、弁当あり 全商品あり通常営業

 

トヨタ | 通れた道マップ

‥ 奥能登へ向かう方は要チェックです!

‥ パイロンが立っていない所でも危ない場所があります。奥能登はゆっくり走ってください。

 

このページは随時更新します。

ふるさとの被災写真

令和6年能登半島地震にて被災した 和風ペンションふるさと の写真を公開します。

被災直後の写真であり、既に直っている部分の写真も含まれます。

ほぼ全ての部屋の壁にひび

囲炉裏は底が抜けました

外壁にもひび

玄関は戸が外れ破損。枠が歪み入りません

玄関の柱

食堂の窓は割れてはいないのですが、枠が歪んで外れたまま元に戻せません

食堂の壁はひびだらけ。当日は家族揃って落ちてくるものに備えていました。

食器は2007年の能登半島地震(震度6弱)よりかなり多く割れました

2つの風呂はタイルの割れは酷いのですが、浴槽の水は漏れません。

庭は複数地割れ

年末に満タンにした490Lタンクがずれて傾きました。パイプには穴

写真はプロが仮補修したものですが、1月2日PM4の暗くなる寸前に私一人屋根に上がりこれをやろうと登ってました(1人では張れず断念したけど)

役所はブルーシートを無料配布するだけではなく、張るところまでやって欲しいと声を大にして言いたい(2週間ほど待たされても)。落ちていたなら推定30%は死んでいました。